メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LOGIN

忘れられる権利 問われる知る権利とのバランス

「忘れられる権利」判決の経緯

 他人に知られたくない過去の個人情報について、検索エンジンによるリンクの削除を最大手・米グーグルに求めた欧州連合(EU)司法裁判所の「忘れられる権利」判決が、世界のメディアや司法関係者の間で大きな話題になっている。インターネット時代、大きな影響力をもつようになった検索エンジンによる情報アクセスについて、個人情報との兼ね合いからどの程度まで制限するのが適切なのかという、極めて今日的な問題がテーマとなったからだ。プライバシーを巡る問題は、人々の「知る権利」や「表現の自由」とも関係しており、今判決には、インターネットやソーシャルメディアを通じた情報伝達に本腰を入れる報道機関にとっても、「対岸の火事」と放置できない要素が含まれている。【尾村洋介/デジタル報道センター】

 今回の裁判で問題となった情報は、一人のスペイン人男性が、自身の社会保険料債務回収のために差し押さえや不動産競売を受けるという公告で、1998年、地元新聞社のウェブサイトに掲載された。債務はその後、完済されたが、2010年時点でも新聞社のウェブサイトで確認ができた。さらに、男性の名前をグーグルで検索すると、このサイトへのリンクが表示された。

 男性は「掲載されている情報は現状と異なる」と主張。地元紙とグーグルに情報やリンクの削除を命ずるよう2010年、スペインデータ保護局(AEPD)に求めた。AEPDは新聞社への申し立ては棄却した一方で、グーグルへの申し立ては認めた。このため、グーグルは決定を不服としてスペイン裁判所に判断の取り消しを求めて提訴した。

この記事は有料記事です。

残り4112文字(全文4774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです