メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「一夢庵風流記 前田慶次」より。前田慶次(壮一帆、左)とまつ(愛加あゆ)が愛を交わす場面=兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で、貝塚太一撮影

しぐさ、流し目の色香

 匂い立つような色香がある。襟からのぞく白い首筋。ゆらりゆらりと動く着物の袖。思いを残した指先。日本髪に和装で演じる「日本物」のラブシーンには、洋物の芝居では表現し得ない情念が息づく。宝塚歌劇の伝統、日本物。それを組の芸として継承しているのが雪組だ。

 「今日も日舞の稽古(けいこ)に行ってきたのよ」。そう言って取材場所に現れたのは元雪組トップスター、汀(みぎわ)夏子(在団年1964〜80)。「宝塚を辞めてからも日舞は続けているんですよ。日本物、好きですねえ」。しみじみと語る。

 汀の宝塚人生は雪組一筋だった。新人のころ、組の頂点には歌劇の歴史に名を残す大トップスター、眞帆志(…

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1311文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです