セクハラヤジ

塩村議員の一問一答詳報 議場から反論しなかった理由は

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える塩村文夏・東京都議=東京都新宿区で2014年6月20日、武市公孝撮影
インタビューに答える塩村文夏・東京都議=東京都新宿区で2014年6月20日、武市公孝撮影

 東京都議会で女性の妊娠・出産を巡る問題で初めての一般質問に立った際、「早く結婚しろ」などとやじを受けた、みんなの党会派の塩村文夏(あやか)都議(35)が20日、毎日新聞の単独インタビューに応じた。今回の問題を「妊娠、出産などに悩みを持つ女性に同じことが言えるのか。『セクハラ』の一言には収めにくい」とし、「今後は品性のないやじが飛ばない都議会にしていきたい」と語った。一問一答の詳細は次の通り。

 −−今日の動きからまず聞きたいのですが、議長に処分を求める要求書を提出したものの、受理されなかった。どう受け止めていますか。

この記事は有料記事です。

残り2313文字(全文2574文字)

あわせて読みたい

注目の特集