メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「アフリカゾウ」と「アジアゾウ」の違い

住む場所だけではありません 最大の違いは●●です! 

[PR]

「アフリカゾウ」と「アジアゾウ」の違いとは?(2014年6月23日) 火達磨「し、しまった!」
火達磨「し、しまった――――っ!」 ケビン「と、言いながら実は大したコトないのでは?」 火達磨「そんなことないッス!これは大事件ッス!」 ケビン「一応聞きマショウ。」 火達磨「先日、妹と弟を連れて動物園に行ったんスがッ、動物の生態について聞かれたのに、詳しく説明できずッ……。」
ケビン「何の動物?」 火達磨「ゾウッス。『アフリカゾウ』と『アジアゾウ』の違いを全く知らず……。」 ケビン「ナルホド!大事件でもない気がするケド、しっかり覚えてオキマショウ。」
ゾウさんのお鼻が長くて、お母さんのお鼻も長い。そのお母さんが大好き。14年2月に亡くなった作詞者のまど・みちおさんは「それぞれ違うからこそいい。違うことに誇りを持とう」という思いを込めたそうです。 火達磨「『ぞうさん』は、人種を超えた平和を願う歌だったんスね!」 さて今回は「アフリカゾウ」と「アジアゾウ」の違いを解説していきますよ。それぞれどんな特徴があるのでしょうか。 「アフリカゾウ」は、アフリカ大陸のサハラ砂漠以南に分布しています。肩までの高さは2.5~4メートルほど。顔を覆うほどの大きな耳、上下に突起がある鼻先、平らな頭、肩と腰が盛り上がり中央がくぼんだ背中などの特徴があります。寿命(野生)は約70年です。
一方の「アジアゾウ」は南アジアから東南アジアにかけて生息しています。肩までの高さは2~3メートルで、「アフリカゾウ」よりも小ぶりです。 小さな耳、上部だけに突起がある鼻先、二つの山がある頭、丸い背中などが特徴。寿命は60年ほどと言われています。 ケビン「『アフリカゾウ』は最大の陸上動物だソウデース。」 上記以外にも、ひづめの数(アフリカゾウは前肢4本、後肢3本。アジアゾウは前肢5本、後肢4本)や体毛の量(アジアゾウの方が毛深い)といった違いもあります。 まとめのイラストも確認してくださいね。
火達磨「勉強になるゾウ!」
火達磨「あざッス!次に動物園に行ったらしっかり説明してあげるッス!」 ケビン「ぜひそうしてクダサーイ。」 火達磨「ちなみにケビン先生は、シマウマにはなぜシマがあるか知っていますか?」 ケビン「教えてあげてもいいケド、それはさすがに自分で調べてネ!」
では、今回のレッスンのまとめです。 「アフリカゾウ」は、肩高2.5~4メートル。耳が大きい 「アジアゾウ」は、肩高2~3メートル。耳が小さい

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  5. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです