メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

目のオシャレの落とし穴の巻

デカ目は乙女の永遠の憧れ でも気を付けないと失明の危険! 

[PR]

「まつげエクステンション」とは、人工毛をまつげに付けて濃く長く見せる美容技術のことです。 まつげ1本に対し人工毛1本を専用接着剤で取り付けるのが主流です。 美容師法に基づき国家資格に合格した美容師だけができます。
つけまつげよりも自然で3~4週間もちます。 両目で数十~100本程度付けて1時間くらいかかり、費用は2000~1万5000円程度です。 しかし、美容師でないのに施術して客の目を傷つけ逮捕されたエステティシャンもいます。接着剤に含まれる化学物質原因のトラブルも増えています。
日本でまつエクが広がったのはここ7~8年で、美容師しかできないと決まったのは08年なので未熟な施術者が多いのも事実です。 他にも度の入っていないカラーコンタクトレンズでは瞳を大きく見せたり色を変えたりできて人気ですが、最悪の場合失明することもあるのです。
レンズの内側や外側に着色した製品だと色素が角膜をこすって傷つける可能性があります。 カラコンも「高度管理医療機器」なので医師の指導を受けましょう。 装着は1日5時間以内まで、消毒やこすり洗いなどのケアも忘れずに、3ヶ月に1度は眼科医で受診すれば安心です。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡99.8%、東京98% 新規感染減に不可欠な「行動抑制率」 専門家が試算

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 外出自粛で追い込まれる個人経営の飲食店 業界関係者が応援サイト立ち上げ

  4. 中1女子被害 強制わいせつ容疑者の動画 小倉北署公開

  5. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです