メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆作家・ガルシア・マルケス

ろくでなしの純愛 半世紀の片思い

ガルシア=マルケスを育んだコロンビアの人々

 ガルシア=マルケスの描く性愛の世界には、読者を楽しませるさまざまな趣向がこらされいる。だから、書きだせばきりがないのだが、とりあえず導入編として、その純愛、プラトニック・ラブ、決して満たされることのない片想いを考えてみたい。

 1985年、ノーベル文学賞受賞の3年後に発表した長編小説「コレラの時代の愛」は、やや異常といえなくもないが、青年期にふられた少女を半世紀以上、正確には51年9カ月と4日間、ひたすらストーカーのように想い続け、相手の夫の葬式が済んだその場でプロポーズする男を描いている。

 <ビター・アーモンドを思わせる匂いがすると、ああ、この恋も報われなかったのだなとつい思ってしまうが、こればかりはどうしようもなかった。>(木村榮一氏訳)

この記事は有料記事です。

残り4832文字(全文5157文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  2. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. NY株、過去最高値を更新 ナスダック、SPも 米新政権の経済対策が後押し

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです