メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「ドライ洗濯」と「ドライクリーニング」の違い

「おしゃれ着用」洗剤はどう使う? 衣服のお手入れ方法

[PR]

「ドライ洗濯」と「ドライクリーニング」の違い 虎鉄: 型崩れに注意して
虎鉄: 今日は洗濯日和ですな!たまりにたまった洗濯物を一気に片付けるチャンス! ケビン: ソウデスネ。この季節は洗濯物もたまりがちデース。それにしても、虎鉄先生の洗濯物はシングレットばかり!さすがデス。僕もこんなにたくさんのタンクトップは持ってイマセン。 虎鉄: 同じように見えるけど、晴れの日用、雨の日用、フォ-マル、カジュアルなど、いろいろあるんですぞ! 特にフォーマル用は「ドライクリーニング」」で洗っておりますぞ。
ケビン: へえ、わざわざクリーニング屋さんに出しているんデスカ? 虎鉄: いや、洗濯物のドライクリーニングコースで、優しい洗剤で洗っておりますよ! ケビン: それは「ドライ洗濯」デスネ。「ドライクリーニング」とは異なるものデスヨ。その違いを解説シマスネ。
個人的にはアイロンがけの技術をもっと磨きたいと思っております。家庭では洗濯係を務めるケビンです。こんにちは。 虎鉄: 洗濯は、畳むまでが洗濯ですぞ。畳み方もぜひ極めてください! たしかに、畳み方にも技術が必要ですよね。勉強します。 今回は「ドライ洗濯」と「ドライクリーニング」の違いを解説します。 まずは「ドライ洗濯」から。 こちらは主に、家庭用の洗濯機を使う方法。洗濯機に「ドライコース」「ソフト」「手洗いコース」などの表示がありますよね。弱い水流、ドライ洗濯用洗剤を用いる、ソフト脱水などの特徴があります。ワイシャツやブラウスなどを洗う際に活用する場合が多いのではないでしょうか。
「ドライ洗濯」をする際には、衣類の「手洗い」「ドライ」などの表示を確認するようにしましょう。「ドライ洗濯」は水洗いをするのですが、それに適さないものもあるからです。 例えば「ドライ セキユ系」という表示がある場合は、クリーニング店に「ドライクリーニング」を依頼する必要があります。 「ドライクリーニング」とはズバリ「水を使わない」洗濯のこと。水の代わりに石油系などの有機溶剤を使って洗います。油汚れを落としやすく、衣類の型崩れや縮みが起こりにくいといった特徴があります。 ケビン: ウールなどの生地、またニットやスーツ、コートなどには「ドライクリーニング」が適してイマース。
虎鉄: そ、そうなんですか!
虎鉄: カシミヤのシングレットなどは、クリーニング屋さんに「ドライクリーニング」をお願いした方がいいわけですな!」 ケビン: ソウデスネ。必ず衣類の表示を確認して洗濯方法を選んでクダサイ。 虎鉄: 洗濯方法を選択ですな! ケビン: ・・・・・・。ま、まとめにイキマショウ。
ドライ洗濯:ドライ用洗剤を使った水洗い ドライクリーニング:石油系の有機溶剤で洗う

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 京アニ火災で全国の「聖地」に衝撃 各地から「心配だ」「ショックだ」の声
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 長崎の五島と対馬に大雨特別警報「レベル5相当」 気象庁「緊急に避難を」
  5. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです