試乗記

電気自動車の性能を向上させたプリウスPHV

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
3代目プリウスをベースに開発された「プリウスPHV」
3代目プリウスをベースに開発された「プリウスPHV」

 エンジンと電気モーターの二つの動力を備え優れた燃費が特徴のハイブリッド車(HV)。その中でも世界初の量産型として大ヒットしたトヨタ自動車の「プリウス」に、大容量、高出力のリチウムイオン電池を積んで、電気自動車としての機能を充実させて登場したのが「プリウスPHV」だ。発進と停止の繰り返しが多い東京都内の通勤、高速道路を使っての長距離ドライブなど、さまざまなドライブシーンでこのこの優れた燃費・環境性能を備えた車を数日にわたって試乗した。その体験をリポートする。【仲村隆】

この記事は有料記事です。

残り2458文字(全文2694文字)

あわせて読みたい

ニュース特集