メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

「妖怪ウォッチ」が人気の巻

子供が夢中のゲーム! 世の中の困り事はみんなヤツらが…?

[PR]

「妖怪ウォッチ」は「レベルファイブ」が開発したニンテンドー3DS用のゲームです。 不思議な時計を手に入れた主人公が日常に潜む妖怪を探して友達になるという話です。 中には悪い妖怪もいて、友達になった妖怪の力を借りてバトルもします。
漫画やアニメといったクロスメディア展開で発売後しばらくしてから爆発的に売れ、2014年5月末で累計100万本も売り上げました。 「もんげー」という言葉がこま犬の妖怪「コマさん」が連発する言葉で岡山の方言で「ものすごい」という意味です。 コマさんのおかげで地元の人も忘れかけていた方言が全国レベルの知名度になりました。
個性的な妖怪たちは250体以上います。 「妖怪メダル」はゲームと連動して遊べる点も人気の理由です。 14年6月末までに3200万枚生産したそうです。
3月に東京駅地下街にオープンした公式ショップではグッズが2日で完売してしまい、現在は完全予約制です。 7月10日には続編も出るようで、まだまだ人気は続きそうです。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  2. 鍵をかけていても… 北関東でトラクターの窃盗多発 転売目的か

  3. デジタル庁採用、倍率47倍 民間人材枠、30人先行募集に

  4. 共産都議団が今夏の東京オリンピック中止を申し入れ 「コロナ対策集中を」

  5. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです