クラウドサービス

IIJとマイクロソフトが提携

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
クラウド分野での協業を発表した(左から)日本マイクロソフトの佐藤久・業務執行役員、樋口泰行社長、インターネットイニシアティブ(IIJ)の勝栄二郎社長、時田一広・専務執行役員=東京都港区の東京コンファレンスセンターで2014年7月10日、尾村洋介撮影
クラウド分野での協業を発表した(左から)日本マイクロソフトの佐藤久・業務執行役員、樋口泰行社長、インターネットイニシアティブ(IIJ)の勝栄二郎社長、時田一広・専務執行役員=東京都港区の東京コンファレンスセンターで2014年7月10日、尾村洋介撮影

 企業向けのネットワーク構築、運営などを手がけるインターネットイニシアティブ(IIJ)と日本マイクロソフトは10日、顧客企業が業務に使うデータやソフトウエアを外部のネットワーク上にあるサーバーで使えるようにする「クラウドサービス」で提携すると発表した。両社のサービスを接続、どちらのサービスも使えるようにして顧客の利便性を高める。共同マーケティングなどで今後3年間で新たに200社へのサービス提供を目指す。

 具体的には、低コストで幅広い利用者に提供されているマイクロソフトのクラウド「Azure」(アジュール)と、企業向けで信頼性の高いIIJのクラウド「IIJ GIO」を、インターネットを介さない閉域網で接続した「マルチクラウド」環境を構築。両社のクラウドサービスを共通IDで利用できるようにする。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文654文字)

あわせて読みたい

注目の特集