連載

Review・of・タカラヅカ

毎日新聞デジタルの「Review・of・タカラヅカ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

Review・of・タカラヅカ

/16 エリザベート

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「私も宝塚ファンなので、宝塚の代表作の一つに主演できたことはすごくうれしい」と語る、元雪組トップスターの水夏希=大阪市北区で、後藤由耶撮影
「私も宝塚ファンなので、宝塚の代表作の一つに主演できたことはすごくうれしい」と語る、元雪組トップスターの水夏希=大阪市北区で、後藤由耶撮影

陰影つけるトップの色

 「ベルサイユのばら」「風と共に去りぬ」に続く、宝塚歌劇のヒット作「エリザベート」。トップスターが死の世界をつかさどる「黄泉(よみ)の帝王」を演じるという点で、華やかさが身上のタカラヅカでは異色の作品だ。

 実在したオーストリア皇后の生涯に、黄泉の帝王トートが絡むウィーン発のミュージカルで、宝塚が1996年に日本初演。以後、男性俳優も出演する東宝版も再演が繰り返され、日本でも指折りの人気ミュージカル作品になっている。

この記事は有料記事です。

残り1308文字(全文1527文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集