メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

敵は本能寺にありの巻

天正10年6月2日 織田信長を討った明智光秀の動機とは…

[PR]

長宗我部元親の手紙が見つかり、本能寺の変の謎が分かるかもしれません。 本能寺の変とは織田信長が自害した事件のことです。この年、信長は天下統一に近づいていました。
毛利軍を攻めていた豊臣秀吉から信長に援軍要請があり、光秀に出陣を命じました。信長は家来を2,30人だけ連れて本能寺に入り、軍勢には出陣用意を命じて安土城に残してきました。
光秀が出陣した先は本能寺でした。1万の軍勢で本能寺を奇襲し、信長は自害しました。謀反の動機は決定的な史料がなく、さまざまな説があります。
最近見つかったのは四国情勢との関連を示す史料です。 光秀の重臣が長宗我部家と婚姻関係にあり、親しくしていましたが、ライバル秀吉は毛利攻めのため長宗我部の敵と手を組んでいました。信長が元親を滅ぼしたら織田軍での立場が悪くなる、という説です。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです