メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

児童ポルノは日本の恥の巻

自分で楽しむだけ…は言い訳になりません! 子供を守るために

[PR]

スマホで子どもたちの写真を撮る肉屋。響に怒られてしまいました。 児童ポルノを甘く見てはいけません。 一度、流出した写真は二度と消えず、男女関係なく対象になります。
児童ポルノとは「18歳未満が全裸や半裸状態になり、性欲を刺激させる画像や動画」のことです。 1999年にできた「児童売春・児童ポルノ禁止法」で定義されました。 販売以外の目的であっても、誰かに提供すれば処罰されるよう改正されました。 しかし、警察の権限強化やプライバシー侵害を懸念する声があり、自分で見るだけの「単純所持」であれば処罰されませんでした。
しかし、単純所持でも処罰される国は09年時点で56カ国。 14年6月にようやく日本でも単純所持が禁止されることになりました。じぶんの意志で持っていた場合1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科されます。 ちなみに、漫画やアニメの性的描写は対象外です。
目的は「子どもを守ること」です。 大手プロバイダーは児童ポルノサイトへの通信をしない政策えお進めています。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです