メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

集団的自衛権で何をする?の巻

安倍政権が憲法解釈を変更 その結果、どんな事態になる?

[PR]

「集団自衛権」とは?簡単に言うと同盟国が他国に攻撃されたら仕返しする権利のことです。 日本政府はこれまで憲法上認めていませんでした。
日本は「専守防衛」であり、集団的自衛権はその範囲を超えます。 しかし、今、「グローバルなパワーバランスの変化」や「大量破壊兵器や弾道ミサイルの開発」などに対応するための抑止力が必要であり、新しい事態に対応するために解釈を変えました。
2014年7月1日の閣議決定で安部内閣は「日本または密接な関係にある他国への武力攻撃が発生し、国民の権利が根底から覆される明白な危険」、「国の存立を全うし国民を守るために他に手段がない」場合にのみ「必要最小限度の武力行使が可能になる」と説明しました。 「密接な関係にある他国」は「米国」、「明白な危険」については「我が国が武力攻撃されたと同様な深刻・重大な被害が明らかな状況」と説明しました。
与党協議会では集団的自衛権を行使する事例を挙げたものの閣議決定では何も触れられず、「明白な危険」を定めるのは政府ということです。 政府の判断のエスカレートが心配です。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  2. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

  5. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです