メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

サメと人間の巻

夜泳ぐと襲われる危険! でも本当は興味深い生き物なんです

[PR]

「サメに襲われたらどうしよう…」 人を襲うのは300種類以上いるサメのうちわずか1割です。 注意が必要なサメを紹介します。
映画「ジョーズ」で有名なホオジロザメです。常に泳いでいないと死んでしまうため飼育できず詳しい生態は不明です。 「イタチザメ」と「オオメジロザメ」は奄美諸島より南に生息しています。 どのように身を守れば良いのでしょうか。
「単独や夜間に遊泳をしない」「褐色の原に白い水着などコントラストの強い姿を避ける」「モリでついた魚など血を流しながら泳がない」ことが重要です。万が一遭遇したら、サメに後ろを見せず静かに逃げましょう。 サメは全身の骨が軟骨でできている「軟骨魚類」で、4億年以上昔から進化してきた種の仲間です。 また、「ロレンチーニ瓶」はサメにしかない特殊な器官で、動物が筋肉を動かしたときに出る電流を感知します。シュモクザメは感度を高めるために頭の形が変化しました。
日本人との関わりも深く、食用からアクセサリーまで余すところなく利用されています。 サメ漁で有名な宮城県気仙沼市では国際認証の取得を目指していますが、一部のサメは乱獲や環境汚染で絶滅の危機にひんしています。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  5. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです