メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マルカンソフトクリーム

郷愁誘う花巻名物 食べ方は斬新そのもの

マルカンソフトクリーム(右)。箸立てとほぼ同じ高さ、この箸を使って食べる=岩手県花巻市で2013年10月、江刺弘子撮影

 ご当地ソフトクリームはさまざまあれど、岩手・花巻市には、箸で食べるソフトクリームがある。くるくるとらせん状に重なったクリームの高さは25センチ、その名も「マルカンソフトクリーム」だ。このご時世に価格は1個170円。箸といい、高さといい、そのスタイルは斬新ながらも、花巻の人にとっては忘れがたい郷愁の味だ。

 「マルカンソフトクリーム」を販売するのは、花巻市内の中心部にある「マルカン百貨店」の大食堂。市内を巡る観光バスには大食堂が入っているコースもあり、観光名所の一つでもある。この大食堂で「マルカンソフトクリーム」は1日に平均500個、これまでに最大2000個が売れた。特に正月と盆、それに400年を超える伝統の「花巻まつり」(9月12〜14日)の時には、「花巻に来たからには食べよう」とソフトクリームが…

この記事は有料記事です。

残り1135文字(全文1488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬・高崎にプロレス覆面専門店 東京からコロナ移住「マスク文化根付かせたい」

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです