メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キーパーソンインタビュー

ウェブ時代のジャーナリズムを再定義する 佐々木紀彦さん

ささき・のりひこ 1979年生まれ。慶応大総合政策学部を卒業後、東洋経済新報社に入社。東洋経済オンライン編集長などを務め、今年7月に新興のウェブメディア「NewsPicks」編集長に就任した。

 この夏、メディア業界の話題を独占した移籍がある。今年7月、東洋経済オンラインで編集長を務めた佐々木紀彦さん(35)が企業・財務情報のプラットフォーム「SPEEDA(スピーダ)」を販売する「ユーザベース」が手がける新興のウェブメディア「NewsPicks(ニューズピックス)」の編集長に就任した。東洋経済オンラインで30代〜40代をターゲットに据えたリニューアルを手がけ、ユーザー数を拡大させた佐々木氏は新天地で何を目指すのか。伝統的な紙メディアからウェブメディアに人材流動化は起きるのか。ウェブ時代のジャーナリズムのあり方などを聞いた。【聞き手・石戸諭/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り5428文字(全文5717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「第3波ど真ん中の法改正は危険」 関谷直也・東京大大学院情報学環准教授

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです