メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シビックハック

IT技術者と行政が大阪でコラボ 問題解決アプリ開発へ

大阪イノベーションハブで5月に行われた開発イベントの様子。今回もIT技術者と行政職員が連携しアプリ開発などを行う。

 IT技術者らと行政職員がチームを組み、社会に有益なアプリを開発するイベント「Civic Hack OSAKA(シビックハック大阪)」が大阪市で24日から始まる。15日現在で大阪市、兵庫県庁、和歌山市、島根県庁など約10人の職員が参加予定だ。主催者側は「国内では類例のない試みのはず。市民と行政が共に手を取り未来の街づくりを目指したい」と意欲的だ。

 イベントは「Civic Hack KANSAI」実行委員会の主催。大阪市が運営するイノベーション創出施設でイベントを共催する「大阪イノベーションハブ」(大阪市北区)を会場に、一般公募の約40人が24日に集まり、チームを結成しアイデアを出し合う。さらに31日にはアプリやサービスなど作品開発を行う。両日とも9時間半の長丁場で、優れたアイデアや作品は投票のうえ表彰される

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文922文字)

高橋望

1991年入社。パソコン通信(NIFTY-Serve、PC-VAN~草の根アングラネットなど)からのネットワーカー。主にIT関係の記事-セキュリティ、面白ベンチャー・サービス、ガジェットなどなど-を書いてきました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子は九州学院、女子は千原台が優勝 高校駅伝・熊本予選

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです