シビックハック

IT技術者と行政が大阪でコラボ 問題解決アプリ開発へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪イノベーションハブで5月に行われた開発イベントの様子。今回もIT技術者と行政職員が連携しアプリ開発などを行う。
大阪イノベーションハブで5月に行われた開発イベントの様子。今回もIT技術者と行政職員が連携しアプリ開発などを行う。

 IT技術者らと行政職員がチームを組み、社会に有益なアプリを開発するイベント「Civic Hack OSAKA(シビックハック大阪)」が大阪市で24日から始まる。15日現在で大阪市、兵庫県庁、和歌山市、島根県庁など約10人の職員が参加予定だ。主催者側は「国内では類例のない試みのはず。市民と行政が共に手を取り未来の街づくりを目指したい」と意欲的だ。

 イベントは「Civic Hack KANSAI」実行委員会の主催。大阪市が運営するイノベーション創出施設でイベントを共催する「大阪イノベーションハブ」(大阪市北区)を会場に、一般公募の約40人が24日に集まり、チームを結成しアイデアを出し合う。さらに31日にはアプリやサービスなど作品開発を行う。両日とも9時間半の長丁場で、優れたアイデアや作品は投票のうえ表彰される

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文922文字)

あわせて読みたい

注目の特集