メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立
水の事故

防ぐポイントは 海上保安庁担当者に聞く

愛知県田原市の赤羽根海岸で行われた着色剤を使った離岸流の調査=2014年7月15日、第4管区海上保安本部提供

 残暑が厳しい中、各地で水の事故が相次いでいる。海上保安庁のマリンレジャーや海洋調査の担当者に、海の事故を防ぐポイントを聞いた。【米田堅持】

離岸流に流されたら慌てない

 同庁では毎年のように離岸流への注意を呼びかけている。瀬戸内海を除く全国各地で見られ、気付いたときには沖に流されて溺れるケースが後を絶たないという。離岸流の中には秒速2メートルと人間の力では戻ることが困難な速さのものも存在するが、実際にはその10分の1程度の流れの場所でも事故は頻発している。松浦あずさ・海浜事故対策官は離岸流への対処について「流されたことに気付いてから、慌てて戻るのは危険。冷静に横へ泳いで流れから脱出するのが有効だ。特に子ども連れは目を離さずにしっかり見張り、沖合に流されていないか周囲を注意してほしい」と語る。離岸流の幅は10〜30メートルほどで、そばには逆方向の向岸流が流れているケースも多いという。

 海浜だけでなく防波堤などのそばでも離岸流は存在するほか、サンゴ礁などでは「リーフカレント」と呼ばれ…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文1157文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです