メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネットウオッチ

ネットの記事の質は低下しているのか 伊與田孝志さんに聞く

伊與田孝志さん

 フェイスブックやツイッターなどソーシャルメディアの進展により、個人が受け取る情報量は飛躍的に増えた。だが、誤った情報や事実を歪曲(わいきょく)した情報も多くなったという実感はないだろうか。IT大手のニフティでテレビとツイッターの連携サービス「みるぞう」を手がけた伊與田孝志さん(41)がブログで書いた「なぜネット記事の質が低下しているのか?」がメディア関係者の間で話題を呼んだ。20年近くコンテンツをみている伊與田さんに話を聞いた。【柴沼均】

−−2011年に、ソーシャルとテレビを結びつけるビジネスとして「みるぞう」をはじめたが現状は。

この記事は有料記事です。

残り2359文字(全文2628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新型コロナ サッカーJ1鳥栖、10人感染

  3. ヒツジ250頭でアマビエ 千葉・マザー牧場でイベント

  4. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです