連載

漫画で解説

毎日新聞デジタルの「漫画で解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

漫画で解説

ガザはなぜ戦闘が続くの?の巻

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ガザはなぜ戦闘が続くの?の巻
ガザはなぜ戦闘が続くの?の巻

住民の8割は食糧援助に頼る毎日 イスラエルとの共存は

パレスチナで、ガザ地区を実効支配するハマスという組織とイスラエル軍の戦闘が続いています。
パレスチナ自治区はイスラエルとの4度に渡る戦争の結果、二つの地区に分かれています。
イスラエルは1967年の第3次中東戦争でこれらの地域を占領。
国連安保理は撤退を求める決議をしましたが、ユダヤ人は占領地に強引に住宅を建て、アラブ人の土地を浸食してきました。
イスラエルは2005年にガザから撤退したものの、07年6月にハマスが実効支配したので、ガザ地区を封鎖したのです。
パレスチナで、ガザ地区を実効支配するハマスという組織とイスラエル軍の戦闘が続いています。 パレスチナ自治区はイスラエルとの4度に渡る戦争の結果、二つの地区に分かれています。 イスラエルは1967年の第3次中東戦争でこれらの地域を占領。 国連安保理は撤退を求める決議をしましたが、ユダヤ人は占領地に強引に住宅を建て、アラブ人の土地を浸食してきました。 イスラエルは2005年にガザから撤退したものの、07年6月にハマスが実効支配したので、ガザ地区を封鎖したのです。
ハマスは1987年に創設された組織。
イスラエルの存在を認めず、自爆攻撃などの過激な一面が突出しましたが、社会福祉活動で根を張り、教育機関やテレビ局も持っています。
また、汚職とは縁遠く、女性からの評価も高い組織でもあります。
封鎖によって、ガザ住民の8割は食糧援助に頼っています。
また、パレスチナ解放機構(PLO)には属していないため、イスラエルや米欧はハマスを「テロ組織」とみなしています。
PLOは93年、米国などの仲介によって「オスロ合意」に調印しました。
これは、暫定自治をイスラエルと認め合うものです。
主流は世俗穏健派のファタハですが、権力闘争と汚職により住民からの支持を失いハマスによってガザ地区から追放されることになります。
対立していた両者は2014年6月2日、統一暫定政府を発足。
ハマスは1987年に創設された組織。 イスラエルの存在を認めず、自爆攻撃などの過激な一面が突出しましたが、社会福祉活動で根を張り、教育機関やテレビ局も持っています。 また、汚職とは縁遠く、女性からの評価も高い組織でもあります。 封鎖によって、ガザ住民の8割は食糧援助に頼っています。 また、パレスチナ解放機構(PLO)には属していないため、イスラエルや米欧はハマスを「テロ組織」とみなしています。 PLOは93年、米国などの仲介によって「オスロ合意」に調印しました。 これは、暫定自治をイスラエルと認め合うものです。 主流は世俗穏健派のファタハですが、権力闘争と汚職により住民からの支持を失いハマスによってガザ地区から追放されることになります。 対立していた両者は2014年6月2日、統一暫定政府を発足。
イスラエルや米欧はハマスとの交渉に、非暴力の宣誓など三つの条件をつけました。
ファタハを率いるアッバス議長は暫定政府がこれを承認することを強調し、交渉が進行するかに見えたのです。
そんな中、西岸地区の都市ヘブロンでユダヤ人少年3人が行方不明となり、6月30日には遺体で発見されました。
イスラエル政府は「ハマスの犯行」と断定し、600人以上を逮捕。
ハマスは関与を否定したものの、イスラエル軍はハマスの拠点があるガザ地区にも空爆するなど、7月8日からの戦闘で2100人以上の犠牲者が出ました。
イスラエルや米欧はハマスとの交渉に、非暴力の宣誓など三つの条件をつけました。 ファタハを率いるアッバス議長は暫定政府がこれを承認することを強調し、交渉が進行するかに見えたのです。 そんな中、西岸地区の都市ヘブロンでユダヤ人少年3人が行方不明となり、6月30日には遺体で発見されました。 イスラエル政府は「ハマスの犯行」と断定し、600人以上を逮捕。 ハマスは関与を否定したものの、イスラエル軍はハマスの拠点があるガザ地区にも空爆するなど、7月8日からの戦闘で2100人以上の犠牲者が出ました。
イスラエル軍はハマスがロケット弾で攻撃してきたために反撃したと釈明。
民間人の死者が増えるに従い、国際社会はイスラエルへの批判を強めています。
そもそも欧州でのユダヤ人迫害がイスラエル建国の原因でありながら、西欧諸国では反ユダヤ主義が台頭。
まずは停戦、そして交渉が望まれます。
イスラエル軍はハマスがロケット弾で攻撃してきたために反撃したと釈明。 民間人の死者が増えるに従い、国際社会はイスラエルへの批判を強めています。 そもそも欧州でのユダヤ人迫害がイスラエル建国の原因でありながら、西欧諸国では反ユダヤ主義が台頭。 まずは停戦、そして交渉が望まれます。

あわせて読みたい

注目の特集