都自転車走行路整備

「ママチャリが走りやすいように」知事会見一問一答

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 29日にあった舛添要一・東京都知事の定例記者会見での自転車走行路についてのやりとりは次の通り。

 Q 知事は2020年東京五輪に向け、自転車の活用や走行路の整備を掲げています。走行路整備について国はガイドラインで、自転車レーンなど車道上を勧めていますが、知事は7月に都内を見られた際に歩道上も許容していく姿勢を示していました。改めて走行路整備について、考えをお聞かせください。

 A 基本は今おっしゃったように車道を活用すべきだ。国のガイドラインもそうなっている。しかし、都内はどのような自転車が走っているのかというと、私が乗っているのもそうなのですが、いわゆるママチャリです。乗る理由は簡単。かごが両方に付いているので。子育てをやっていた時、子供2人を前後に乗せた。マウンテンバイクや高速の(自転車)は後ろに座席もないし、乗せられない。生活者、特にお母さんの立場から見て、(マ…

この記事は有料記事です。

残り1676文字(全文2064文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集