メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発賠償

「文書があろうとルールではない」和解仲介室長一問一答

 原発事故の賠償問題を裁判外で解決する国の手続き(原発ADR)で実務を担う「原子力損害賠償紛争和解仲介室」の団藤丈士室長との主なやり取りは次の通り。

<7月25日の取材>

 −−避難中の死亡者に関する慰謝料で、原発事故の影響の度合いを一律50%とするルールについて聞きたい。

 ◆寄与度が何%になるかは個々の事案次第だ。事案における立証の内容の程度などを総合的に勘案して、(原子力損害賠償紛争解決センターの)仲介委員が判断している。一律50%というものはない。

この記事は有料記事です。

残り3525文字(全文3752文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  2. 文科省、保護者の確認「ハンコなし」で 家庭への連絡オンライン化促す

  3. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  4. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  5. 「絶対漏らすな」町長は言った 核のごみ処分場 応募し撤回、東洋町の教訓

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです