メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィナーレで羽根を背負い、大階段を下りる花組新トップスターの明日海りお=兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で2014年8月22日、加古信志撮影

新トップ、喜びと覚悟

 宝塚歌劇はスターのお披露目と卒業を繰り返し、一世紀のバトンをつないできた。100周年の春を盛り上げた5組のトップスターのうち、既に花組と雪組のトップが退いた。宙(そら)組と星組でも退団発表があり、世代交代が進んでいる。

 宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)では現在、花組新トップスター、明日海(あすみ)りお(2003年入団)がお披露目公演の真っ最中。トップの象徴である一番大きな羽根を背負う顔には、頂点に立った喜びと組を率いる覚悟が浮かぶ。

この記事は有料記事です。

残り1244文字(全文1470文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです