メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワシントン・スケッチ

(4)コスモス/2 米国の若者に「原爆投下」どう伝えるか

リチャード・マーシャル氏=本人提供

 原爆を落とした側である米国の若者に「原爆投下」をどう伝えるか? 日本で伝えられている原爆投下の「実像」や核兵器の非人道性を、伝えるのは簡単な作業ではない。

 「私はアメリカ人なのでマナーレ静美さんとは違う立場から作業に取りかかった。私の父親は米海軍士官として太平洋戦線で『カミカゼ』(特攻隊)とも戦った。だからこそ(日米の)協働作業は有意義なものだった」

 共著のマーシャル氏は米国務省や国際開発庁(USAID)に勤務し、スピーチライターなどの仕事に携わっ…

この記事は有料記事です。

残り1007文字(全文1234文字)

及川正也

1988年入社。水戸支局を経て92年から2004年まで東京本社政治部。首相官邸や自民党、防衛庁(現防衛省)、外務省などを担当。主に政界再編取材にあたった。05年から09年までワシントン特派員としてイラク戦争、オバマ大統領が当選した08年大統領選など米国の内政・安全保障問題を取材。09年から政治部、経済部、外信部の各デスクを歴任し13年4月から現職。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 紅葉と国宝、くっきりと ライトアップ、もうすぐ見ごろ 大津・石山寺 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです