メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「のさり」と生きる 水俣

第2回 自転車から車椅子に

胎児性・小児性水俣病患者のケアホーム「おるげ・のあ」の落成式当日、受付で来賓を出迎える松永幸一郎さん(右)。自身は市内のアパートに独り暮らししている=熊本県水俣市で2014年7月、平野美紀撮影

 「公害の原点」とも呼ばれる水俣病。化学製品製造会社「チッソ」水俣工場(熊本県水俣市)が不知火海に流した排水中のメチル水銀が環境を汚染し、湾で取れた魚を食べた住民が神経を侵された。被害は、母親の胎内にいた赤ちゃんにも及んだ。「胎児性水俣病」の患者たちだ。

 1962年に、胎児性患者の存在が明らかになった。しかし、胎児性患者が何人いるのかは正確には分かっていない。そもそも行政は、胎児性患者と大人の患者を区分けして発表していないのだ。

 熊本大大学院生時代に胎児性患者の存在を突き止め、半世紀にわたって胎児性患者を多く診察した原田正純医…

この記事は有料記事です。

残り2236文字(全文2502文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 死因は窒息死 両足首がビニールひもで縛られる 池袋・ホテル女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです