メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LOGIN

どんな「顔が見える」かが重要

 朝日新聞社が池上彰さんのコラム掲載を拒否しながら、一転、掲載したことが話題になっている。コラムは同紙のサイトで読むことができる(http://www.asahi.com/articles/DA3S11332230.html)。ここではコラム内容の是非ではなく、掲載見合わせに同紙の記者たちが実名ツイッターで批判を展開したことに注目したい。

 批判した実名記者のツイートは、ユーザーによってまとめられている(http://togetter.com/li/714702)。これを読むだけでも相当数の記者が実名で投稿していることがわかる。「読者やさまざまな方に、所属記者として心底申し訳ない思い」「(池上さんの)原稿を掲載できないと判断した人は、紙面の信用が何に起因するのか、考えてほしい」−−。批判は、ツイッター上で堰(せき)を切ったように続い…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  2. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  3. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  4. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです