メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「エッセー」と「コラム」の違い

ブログやSNSに書く人も増えました より自由な形式なのは?

[PR]

旬感お魚紀行
善蔵さんに「コラム」を書いてくれ、と頼まれた魚屋さん。
今回はケビンさんが「エッセー」と「コラム」の違いについて解説します。
「エッセー」とは、自由な形式で意見や感想を述べた文章のこと。 「随筆」や「随想」とも呼ばれます。 身の回りに起こったことや体験、事象などをテーマに筆者の思うままにつづられるものです。
ただし、英語の「essay」には小論や論文といった意味も。 一方、「コラム」は、本来「縦の段、欄」を意味します。 「新聞や雑誌で短い評論などを載せる欄」「その欄に載る文章」のことです。 評論とはものごとについて批評し、論じること。 しかし現在では「コラム」の意味はより幅広くなっています。 紀行文や人生体験など、さまざまな文章が「コラム」として扱われます。 「エッセー」についても、文章だけでなく、「写真エッセー」や「コミックエッセー」といった分野も存在します。
お魚エッセー
魚屋さんはサンマについての「エッセー」を書くようです。
「エッセー」とは、自由な形式で意見や感想を述べた文章のこと。 「コラム」とは新聞や雑誌の短い評論文のこと。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  5. 遺体引き渡しミス 「死んだ夫」ひょっこり 警視庁亀有署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです