メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体に優しい温泉の入り方

入浴は1日3回まで 朝風呂にはリスクも

主な掲示用泉質と特徴

スーパー銭湯にも効果

 秋の訪れとともに、湯煙が恋しくなる。日本人は、温泉地の年間宿泊者数が延べ1億人を超える大の温泉好き。上手に付き合えば「天の恵み」ともいうべき効果も得られるという。どういう泉質の湯に、どのように入浴したらよいのか。専門家に聞いた。【田村彰子】

 環境省の温泉利用状況調査(2012年度)によると、国内の温泉地は実に3085を数える。それらは温泉法に基づき、11種類の「掲示用泉質」に分類される。

 脱衣場の壁には、泉質とともに「効能」や「適応症」が表示されている。「残念ながら、その全てが医学的根…

この記事は有料記事です。

残り1864文字(全文2120文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操 世界選手権 内村、代表入り消滅 種目別予選回避で
  2. 白い野生パンダを初めて撮影 中国・四川省
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  5. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです