メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体に優しい温泉の入り方

入浴は1日3回まで 朝風呂にはリスクも

主な掲示用泉質と特徴

スーパー銭湯にも効果

 秋の訪れとともに、湯煙が恋しくなる。日本人は、温泉地の年間宿泊者数が延べ1億人を超える大の温泉好き。上手に付き合えば「天の恵み」ともいうべき効果も得られるという。どういう泉質の湯に、どのように入浴したらよいのか。専門家に聞いた。【田村彰子】

 環境省の温泉利用状況調査(2012年度)によると、国内の温泉地は実に3085を数える。それらは温泉法に基づき、11種類の「掲示用泉質」に分類される。

 脱衣場の壁には、泉質とともに「効能」や「適応症」が表示されている。「残念ながら、その全てが医学的根拠に基づいているわけではありません」と話すのは、埼玉医科大教授で日本温泉気候物理医学会副理事長の倉林均さんだ。表は、主な泉質と、これまでの研究でほぼ裏付けられている効果だ。倉林さんによると、温泉の医学的作用は三つ。物理作用、化学作用、生物作用だ。このうち物理作用には温熱、水圧、浮力、粘性による効果が…

この記事は有料記事です。

残り1714文字(全文2120文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです