メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

アイヌってどんな民族?の巻

シシャモにラッコ… 独自の言語と文化を持つ先住民族です

[PR]

金子快之札幌市議が「アイヌ民族なんてもういない」と投稿し問題になっていますが、そもそもアイヌ民族とはどんな人たちなのでしょうか。
アイヌは「人」という意味で北海道を中心に自然とともに暮らしてきた先住民族です。 道内には約1万6800人のアイヌ民族が住んでいます。 また、「ししゃも」「トナカイ」「ラッコ」もアイヌ語なんです。
アイヌの信仰では森羅万象全てに神が宿っています。 そして、最も重要な儀礼は「クマの霊送り(イオマンテ)」です。 しかし、明治時代から始まった近代日本の同化政策によって、アイヌ民族は独自の文化を禁じられ、貧窮に追い込まれてきました。
現在では先住民族と認定され、政府は総合的な政策を進めようとしています。 にもかかわらず、今回の市議の発言はこれらの政策を無視したもので、明治時代の発想となんら変わらないので非難されているのです。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. 新型コロナ 夜空に祈る大輪、サプライズ花火 全国一斉、県内でも /群馬

  5. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです