メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「のさり」と生きる 水俣

第3回 迫りくる病と加齢

「ほっとはうす」は、水俣病患者の共同作業所。2階の作業スペースで、新聞紙を使ってエコバッグを作る。「それぞれができることを分担する」がルールだ=熊本県水俣市で2014年7月、平野美紀撮影

 胎児性・小児性水俣病患者が暮らすケアホーム「おるげ・のあ(おるげは方言で「私の家」)」は2014年春、熊本県水俣市に完成した。病院通いにも買い物にも便利な中心部にある。五つの居室は廊下でつながっているが、外観は小さな家が5軒並んでいるように見える。

 水俣病公式確認50年を機に発足した環境相の私的懇談会は「国は、被害者が高齢化しても安心して暮らすことのできる対策を積極的に推進すること。胎児性患者には格別の配慮が必要」と提言した。「おるげ・のあ」はその唯一の「成果」ともいえる。7月の落成式典で、施設長の加藤タケ子さん(63)は、「出来上がったのは部屋ではありません。家が5棟です」と説明した。

 化学物質を可能な限り排除して、日本古来の「木と紙の家」を目指した。杉の香りが心地よい。内装は入居者…

この記事は有料記事です。

残り2833文字(全文3181文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「僕たちの未来がなくなる」 気候変動対策強化求め若者ら東京・渋谷でデモ 

  4. 日本、ロシア破り開幕戦制す 松島快走3トライ 2大会連続白星発進 ラグビーW杯

  5. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです