メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キーパーソンインタビュー

萌えキャラで企業情報配信 QUICK大河内善宏チャンス部長、高橋北斗プロデューサー

QUICK大河内善宏チャンス部長(左)と高橋北斗プロデューサー

 「萌えキャラ」と呼ばれる美少女キャラクターが上場企業各社の情報を発信し、応援する「IRroid(アイアールロイド)」を、日本経済新聞グループのQUICK(東京都中央区)が8月14日からウェブで公表した(http://ir-roid.com/)。例えば新日鉄住金のキャラクターは「鉄溶子(くろがね・ようこ)」。投資判断に必要なIRデータを「企業モード」で提供し、「萌えモード」では時価総額をHP(ヒットポイント)と称するなど工夫を凝らす。株価が上がれば笑顔に、下がれば泣き顔になりセリフもいう。斬新な取り組みが投資家に限らず、若者を中心に受け、初日に50万ページビュー(PV)を集めた。投資に萌えキャラとはどういうことなのか、担当の大河内善宏チャンス部長(45)と、発案者の高橋北斗プロデューサー(32)に聞いた。【聞き手・柴沼均】

 −−IRroidの企画はどうして思い立ったのでしょうか?

この記事は有料記事です。

残り1850文字(全文2245文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです