メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原田正純さん。水俣病患者の発掘と支援に生涯を捧げた=2011年11月、金澤稔撮影

 胎児性水俣病は、1962年に正式認定されるまでは「隠れた」存在だった。生涯を水俣病患者支援にささげた原田正純医師(2012年死去)が、その「発見」にまつわる経緯を著書「水俣病」(岩波新書)につづっている。

 61年8月。原田さんは往診に訪れたある集落で、隣の家で遊んでいる「一目で異常と分かる」男児2人と出会う。6歳の弟は首が据わっておらず、「この種の障害の子どもに特徴的にみられるように、体をくねくね動かして足を投げ出して、ただはにかんだような笑顔を見せるだけであった」

 やがて帰ってきた母親に聞くと、「兄は水俣病だが、弟は脳性小児まひ。だって(水銀に汚染された)魚を食…

この記事は有料記事です。

残り3094文字(全文3380文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです