メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「のさり」と生きる 水俣

第5回止 流れる時 寄り添う心

東大助手時代にかかわった大学闘争の資料を見つめる最首悟さん(右)と丹波博紀さん。ちょっと変わった「師弟」関係だ=横浜市旭区の最首さん宅で2014年9月、平野美紀撮影

 今年7月、東京都内で開かれた水俣病支援の報告会で私は一人の研究者に会った。和光大などで環境社会学(水俣論)を教える丹波博紀さん(35)だ。会場で売られていた本をぱらぱらとめくっていたら、「これ、僕が関わったものなんです」と声をかけてくれた。本は水俣病の「不知火海総合学術調査団」に参加した和光大名誉教授、最首悟さん(78)の著作。丹波さんは最首さんを「師匠」と仰ぎ、この本では、最首さんが1990年代に記した水俣関連の文章を集める過程で関わった。最終回は、水俣病を当事者の「外側」から見つめる人々の物語である。【平野美紀/デジタル報道センター】 

 丹波さんが、親子ほども年の離れた最首さんと出会ったのは、大学受験に失敗し、浪人していた19歳の冬だ…

この記事は有料記事です。

残り3530文字(全文3854文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです