連載

漫画で解説

毎日新聞デジタルの「漫画で解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

漫画で解説

Jリーグが荒れている?の巻

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
Jリーグが荒れている?の巻
Jリーグが荒れている?の巻

サポーターも真面目に考えて 人種差別と闘うアスリートたち

サッカーの試合で差別行為が問題となっています。
特に黒人選手に向かってバナナを投げる人種差別行為が後を絶ちません。
サッカーの試合で差別行為が問題となっています。 特に黒人選手に向かってバナナを投げる人種差別行為が後を絶ちません。
最近では、Jリーグでも人種差別行為が行われています。
例えばマリノスのサポーターがピッチに向かってバナナを振り、本人とクラブが処分を受けました。
Jリーグの規定では、主催クラブは観客が適切な態度を保持するように努める責任を負うため、サポーターが不祥事を起こすと主催クラブの責任となります。
最近では、Jリーグでも人種差別行為が行われています。 例えばマリノスのサポーターがピッチに向かってバナナを振り、本人とクラブが処分を受けました。 Jリーグの規定では、主催クラブは観客が適切な態度を保持するように努める責任を負うため、サポーターが不祥事を起こすと主催クラブの責任となります。
3月には浦和レッズでもサポーターによる人種差別的行為が行われ、無観客試合という重い処分を受けました。
また、アメリカのNBAでも問題があり、「クリッパーズ」のオーナーが自信の発言に対し処分を受けました。
3月には浦和レッズでもサポーターによる人種差別的行為が行われ、無観客試合という重い処分を受けました。 また、アメリカのNBAでも問題があり、「クリッパーズ」のオーナーが自信の発言に対し処分を受けました。
ユーモアで差別と戦う選手たちもいます。
例えばバルセロナのアウベス選手は投げられたバナナを食べてからボールを蹴ったり、チームメイトのネイマール選手は息子とともにバナナをもった写真をネットにアップして対抗しています。
人種差別は絶対に許されない行為なので気をつけましょう。
ユーモアで差別と戦う選手たちもいます。 例えばバルセロナのアウベス選手は投げられたバナナを食べてからボールを蹴ったり、チームメイトのネイマール選手は息子とともにバナナをもった写真をネットにアップして対抗しています。 人種差別は絶対に許されない行為なので気をつけましょう。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集