メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

事故現場を歩く

女児死亡 「車の抜け道」危険な通学路の悲劇

事故現場となった電柱付近にはたくさんの花が供えられていた=東京都世田谷区代沢2の都道で2014年9月22日午後3時2分、馬場直子撮影

 新学期が始まってまもない9月17日、通学路を歩いていた小学生の女の子が輪禍の犠牲になってしまいました。

 午後1時半ごろ、東京都世田谷区代沢2の都道で、軽トラックが下校中だった小学3年の女の子3人に突っ込んだのです。同区立池之上小3年、遠藤愛依菜(めいな)ちゃん(9)は軽トラックと電柱の間に挟まれ、翌18日に亡くなりました。一緒にいた女児(9)は腕を折り、別の女児(8)も軽傷を負う大きな事故になりました。

 交通事故の現場は、京王井の頭線池ノ上駅から南に約200メートルの住宅街にあります。車の対向がやっとの道幅の直線道路で、センターラインは無く、両脇に車道と隔てる路側帯がひかれています。3人が路側帯を歩いていたところ、軽トラックが正面からぶつかったそうです。

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内の新型コロナ感染者、新たに189人確認 最多更新

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 新型コロナ感染者 国内で初めて2000人超える

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです