メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大輔同伴の美女は一体…? 善蔵がとった意外な行動

[PR]

喫茶サクライにてー 魚屋「善蔵っ!否定するなら根拠を言ってみろ根拠!」 善蔵「う…う~~ん…」 魚屋「抱き合ってたんだぞ!チューだぞチュー!」 善蔵「え~~本当ですかぁ!?うげげ~~…」 マキ「?」 直接対決したときのことを思い出す善蔵
善蔵「いやーーないですよない!あっはっはっはっは ないない」 八百屋&魚屋「!」 善蔵「うわもうこんな時間…千鶴ちゃんごちそうさま!また来るね!」 千鶴「は…はい!」 魚屋「なんだァあいつ…」 文太「……朱に交われど赤くならず…か」
美女と一緒の大輔に出くわした善蔵 善蔵「大輔さん!」 大輔「三好さん…」 その頃、千鶴は善蔵の後を追いかけていました。 善蔵「サクライはお二人の話で大盛り上がりですよ!」 大輔「え?」 女「?」
柱の陰から、善蔵たちの様子をそっとうかがう千鶴 善蔵は「あんまり仲がいいから、みんな勘違いしていますよ?」 顔を見合わせる大輔と女 大輔「ははははははは いや~~参ったな大学の同級生ですよ!」 女「サイトシーイングジャパン!」 善蔵「じゃ、僕はこれで」 大輔は「……三好さん」
大輔「分かっていると思いますが…俺は千鶴一筋ですから…!」 善蔵「わっ…分かってますよっ!」 (ふんっ)去っていく善蔵 すると、陰から出てきた千鶴と鉢合わせ 千鶴「善さん」 善蔵「ギャッ わ!千鶴ちゃん!?」 善蔵「大学の同級生なんだって。今日中には次の旅先に出発するってさ」
千鶴「さすが善さんだね。人のこと理解してて…今日は善さんのカッコいいとこ見れちゃった!」 善蔵「え?」 千鶴「またね善さん!」 善蔵「???」 (にへっ)とだらしなく笑う善蔵。 その後、サクライでは…魚屋と八百屋が固く固く抱き合っていました。 大輔「あなたたちは全く…!!そこまでくっついていませんから」 文太「お前らもう帰れ」

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 豊臣期の大坂城石垣を公開 本丸中心部、夏の陣の痕跡や金箔瓦も出土

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです