メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧ソ連を歩いて

(12)ウクライナ東部・苦悩する市民の声

オリーブの枝をくわえたハトのイラストの下に「世界に平和を!」と書かれた大看板。誰がいつ掲示したのか、すっかり傷んでいた=ウクライナ東部ドネツクで2014年9月12日午後、真野森作撮影

 9月中旬にウクライナ東部で聞いた生の声を伝える3回シリーズの最終回は、親露派勢力にも中央政府にも不信感を抱く市民の思いを紹介する。銃を手に我が物顔で振る舞う親露派戦闘員を嫌悪する一方、東部の住民を「分離主義者」と敵視する中央の政治家にも反感を覚える人は少なくない。「穏やかに暮らしたい」という素朴な願いは踏みにじられている。親露派支配地域となっているドネツク州の州都ドネツクに暮らして40年という写真記者、イリーナ・ゴルバショワさん(54)に、通りのベンチでじっくりと話を聞いた。

 −−戦闘が続く空港近くに住んでいるとか?

この記事は有料記事です。

残り2825文字(全文3087文字)

真野森作

1979年生まれ。2001年入社。北海道報道部、東京社会部などを経て、13~17年にモスクワ特派員。ウクライナ危機を現場取材した。20年4月からカイロ特派員として中東・北アフリカ諸国を担当。著書に「ルポ プーチンの戦争」(筑摩選書)がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです