メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「酒」と「料理酒」の違い

レシピ通りに入れないと塩加減が変わっちゃう! なぜ?

[PR]

「酒」と「料理酒」の違い
きのこ鍋を作ったという大輔。 レシピ通りに作ったのに塩気が強かったそうです。 料理酒を入れたそうですが…
レシピに「酒」と書いてあったそうです。 「酒」と「料理酒」にはどんな違いがあるのか解説します。
鍋に「料理酒」を入れたら、塩味が濃くなったのはなぜでしょうか。 まずは「酒」について解説します。 「酒」はいわゆる「日本酒」「清酒」のことです。 酒は米、米こうじ、水を原料にして発酵させ、こしたアルコール飲料のことを言います。
一方、「料理酒」は酒に塩分などを加えた「加塩料理酒」を指すのが一般的です。 「料理酒」のアルコール度数も「酒」と同様に14%程度ですが、塩分が加わることで酒税法の課税対象から外れます。 「料理酒」でも塩分が加えられていない物もあります。 ラベルはしっかりチェックするようにしましょう。
塩分には注意しましょう。
塩分が入っているかどうかは、成分を表示したラベルを見れば分かります。 また、今後失敗しないためにもまとめをしっかり確認してください。
「酒」は米、米こうじ、水が原料のアルコール飲料。 「調理酒」は酒に塩分などを加えたアルコール調味料です。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです