メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

iPhone6発売!の巻

発売3日で1000万台! 新しく追加された機能は?

[PR]

文太は電話機を修理に出しました。 そんな文太にスマホを進める曙。 9月19日、「アイフォーン6」と「6プラス」が発売されました。 発売から3日間で販売台数が1000万台を超える人気です。
iPhone5sとの違いで見てすぐに分かるのは、大型化と薄型化です。 「6プラス」は1万円札と同じくらいの大きさです。 解像度も向上し、より繊細で迫力ある映像が楽しめます。 バッテリーの持ちもよくなりました。
ダウンロードの速さも高速LTEに対応し、音声をデータ通信することで高品質の通話ができる「VoLTE」も利用できるようになりました。 米国だけのサービスとして、端末を読み取り機にかざして買い物などができる「アップルペイ」も注目されています。
「アップルウォッチ」ではアイフォーンと連動させてメールの確認をしたり、脈拍や運動量などの健康管理をしたりできます。 米国では15年に発売予定ですが、日本では未定です。 アイフォーン6を日本では大手3社が扱っていますが、料金設定も結局は横並びです。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです