特集

ノーベル賞

ノーベル賞に関する特集ページです。

特集一覧

ノーベル賞

赤崎氏受賞会見一問一答「やりたいことをやる。それが一番」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
赤崎勇名城大終身教授=2014年7月撮影
赤崎勇名城大終身教授=2014年7月撮影

 ノーベル物理学賞に選ばれた赤崎勇・名城大終身教授(85)は7日、在籍する名城大学で記者会見した。主な一問一答は次の通り=文中敬称略。

−−受賞の知らせを聞いた時の状況は。

 赤崎 2、3日前からアメリカから電話がかかっていたので、またそれかなあと思っていた。ひょっとしたら、と思った。

−−改めて受賞の気持ちを聞かせてください。半世紀にわたっての研究生活を振り返って思うことは。

 赤崎 発光ダイオードをやり始めたのは1973年から。窒化ガリウム(での実験)に入る前に似たような半導体を研究しておりましたので、それがずいぶんベースになっていると考えると(研究期間は)60年間くらいになるんですかね。最初のころは(青色LEDは)20世紀中にはできないだろうと言われていたので、どんどんやめていく人がいましたが、私はちっともそういったことは考えていなかった。成否は考えず、ただやりたい…

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1188文字)

あわせて読みたい

注目の特集