引退試合の原点

ミスター「巨人軍は永久に不滅です」から40年

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
第2試合終了後、カクテル光線が消されスポットライトに照らされた後楽園球場のマウンド上で、ファンに別れのあいさつをし、王貞治選手らから贈られた花束を掲げて声援に応える長嶋茂雄選手=東京都文京区の後楽園球場で1974年10月14日、接待健一撮影
第2試合終了後、カクテル光線が消されスポットライトに照らされた後楽園球場のマウンド上で、ファンに別れのあいさつをし、王貞治選手らから贈られた花束を掲げて声援に応える長嶋茂雄選手=東京都文京区の後楽園球場で1974年10月14日、接待健一撮影

 今年も多くのプロ野球選手が現役引退を決意し、惜しまれてユニホームを脱ぐ。10月5日に行われた日本ハムの本拠地最終ゲームは、引退を表明した稲葉篤紀外野手の最後のプレーを目に焼き付けようとファンが客席を埋め尽くした。プロ野球の引退試合で日本中の注目を集めた最初の選手は、元巨人の長嶋茂雄さんだろう。今なお語り継がれている名セリフ「わが巨人軍は永久に不滅です」に、後楽園球場の大観衆が、テレビの前の巨人ファンが涙したのが、1974年10月14日。あれから40年−−当時の毎日新聞の記事と写真で振り返る。

 「ミスタープロ野球」「燃える背番号3」と呼ばれた男の引退試合は、前日あいにくの雨で順延した月曜日のデーゲーム、中日とのダブルヘッダーだった。しかも、巨人のV10を阻止して20年ぶりの優勝を決めた中日は名古屋での優勝パレードと重なったため与那嶺要監督や星野仙一投手ら主力選手は不在、ベンチは若手が中心だった。翌15日付の毎日新聞朝刊で振り返ると、それにもかかわらず、後楽園球場は5万人の観衆。前夜から…

この記事は有料記事です。

残り3062文字(全文3511文字)

あわせて読みたい

ニュース特集