連載

コトバ解説

毎日新聞デジタルの「コトバ解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

コトバ解説

「フクロウ」と「ミミズク」の違い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「フクロウ」と「ミミズク」の違い
「フクロウ」と「ミミズク」の違い

「知恵の象徴」ふわふわした夜行性の鳥 ある部分で見分けます

「フクロウ」と「ミミズク」の違い
「フクロウ」と「ミミズク」の違い
八木さんは自分の話を聞いてくれる仲間として、人じゃなく、鳥が欲しいそう。
八木さんは自分の話を聞いてくれる仲間として、人じゃなく、鳥が欲しいそう。
八木さんは「フクロウ」がいいのではないかと考えていますが、ケビンさんは「ミミズク」の方がいいと言います。
今回は、「フクロウ」と「ミミズク」の違いについて、解説していきます。
八木さんは「フクロウ」がいいのではないかと考えていますが、ケビンさんは「ミミズク」の方がいいと言います。 今回は、「フクロウ」と「ミミズク」の違いについて、解説していきます。
「フクロウ」と言えば、「ハリー・ポッター」に登場するヘドウィグが思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。
「フクロウ」も「ミミズク」も、目が大きくて、顔や体の幅が広く、ふわふわとした毛並みが特徴的な鳥ですが、どんな違いがあるのでしょう。
「フクロウ」には二つの意味があります。
一つ目は「フクロウ目フクロウ科」に属する総称としての意味。
「フクロウ科」の鳥の体長は15~70センチ。肉食で、ほとんどが夜行性です。
「フクロウ」と言えば、「ハリー・ポッター」に登場するヘドウィグが思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。 「フクロウ」も「ミミズク」も、目が大きくて、顔や体の幅が広く、ふわふわとした毛並みが特徴的な鳥ですが、どんな違いがあるのでしょう。 「フクロウ」には二つの意味があります。 一つ目は「フクロウ目フクロウ科」に属する総称としての意味。 「フクロウ科」の鳥の体長は15~70センチ。肉食で、ほとんどが夜行性です。
二つ目は「フクロウ目フクロウ科」に属する「フクロウ」という種のことを指す意味。
種としての「フクロウ」は体長が約50センチで全身が灰褐色です。
日本各地をはじめとして、ユーラシア大陸に分布している鳥です。
住んでいるのは森林。
ちなみに、ハリポタのヘドウィグは「シロフクロウ」です。
一方の「ミミズク」は「フクロウ目フクロウ科」の鳥で、頭に耳のように見える羽(羽角、耳羽)があるもののことを指します。
「○○ズク」と呼ばれる種が多いようです。
ただし、「シマフクロウ」「ウサギフクロウ」などのように、羽角があっても「フクロウ」と呼ぶ種類もあれば、「アオバズク」のように羽角がなくても「○○ズク」と呼ぶ種類もあります。
二つ目は「フクロウ目フクロウ科」に属する「フクロウ」という種のことを指す意味。 種としての「フクロウ」は体長が約50センチで全身が灰褐色です。 日本各地をはじめとして、ユーラシア大陸に分布している鳥です。 住んでいるのは森林。 ちなみに、ハリポタのヘドウィグは「シロフクロウ」です。 一方の「ミミズク」は「フクロウ目フクロウ科」の鳥で、頭に耳のように見える羽(羽角、耳羽)があるもののことを指します。 「○○ズク」と呼ばれる種が多いようです。 ただし、「シマフクロウ」「ウサギフクロウ」などのように、羽角があっても「フクロウ」と呼ぶ種類もあれば、「アオバズク」のように羽角がなくても「○○ズク」と呼ぶ種類もあります。
夜に、いろいろ相談したい……。
夜に、いろいろ相談したい……。
「フクロウ」も「ミミズク」も夜行性の生き物。
ペットとして飼う場合は、しっかりと世話をする必要があります。
「フクロウ」も「ミミズク」も夜行性の生き物。 ペットとして飼う場合は、しっかりと世話をする必要があります。
「フクロウ」は「フクロウ目フクロウ科」の鳥の総称。
「ミミズク」はフクロウの一種で、耳のように見える羽が特徴的な鳥のこと。
「フクロウ」は「フクロウ目フクロウ科」の鳥の総称。 「ミミズク」はフクロウの一種で、耳のように見える羽が特徴的な鳥のこと。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集