SNS教育

子供のスマホ 規制派と活用派の声を聞いてみた

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自分たちで作った学校紹介の動画作りを振り返る千葉県浦安中の生徒たち=浦安中で石戸諭撮影
自分たちで作った学校紹介の動画作りを振り返る千葉県浦安中の生徒たち=浦安中で石戸諭撮影

 「午後9時以降、スマートフォン(スマホ)、携帯電話を保護者が預かる」。今年4月、愛知県刈谷市の小中学校で導入された新しい取り組みだ。真の狙いは時間規制ではなかったが、教育現場での極端なスマホ規制策として全国的な注目を集めた。一方で、外部講師を招きスマホやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の積極活用に転じる学校も出てきた。刈谷市の規制導入から半年。教育現場のスマホ規制をどう考えるべきか。刈谷市で規制を推進した大橋普支俊(ふしとし)・同市立雁が音(かりがね)中学校長(詳報はこちら)、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を運営するLINE(東京都渋谷区)のCSR担当者、江口清貴・政策企画室長(詳報はこちら)のインタビューも交えて報告する。【馬場直子、石戸諭/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り2018文字(全文2367文字)

あわせて読みたい

注目の特集