メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

図解で納得

カボチャのすべて

実は夏野菜 ポタージュ向きの品種は? 食べ頃の見分け方は?

[PR]

ハロウィーンの主役、カボチャを食べて冬を乗り切ろう!
もうすぐハロウィーンですね。 ハロウィーンと言えばカボチャです。 日本カボチャは緑色でごつごつしているそうです。カボチャについておさらいしましょう。
中南米原産のカボチャが日本に入ってきたのは16世紀です。 ポルトガルとの交易が盛んになり、カンボジアなど南方の産品がもたらされました。 カンボジアがなまって「カボチャ」となったそうです。 また、ハロウィーンでカボチャが登場するのは、米国の収穫祭の時期と重なるためです。
現在、日本で手に入るカボチャは主に日本カボチャ、西洋カボチャ、ペポカボチャの3種類です。 日本カボチャは煮物に向いています。 西洋カボチャはケーキなどに使われます。
実は、カボチャの旬は夏です。 収穫したものを1~2カ月貯蔵すると、デンプン質が糖化して甘くなり、おいしくなります。
カボチャはβカロテンが豊富です。
国内外ではジャンボカボチャのコンテストも開催されています。 本来は飼料用で、有機質飼料を多めに与え、茎を病気にしないことが、大きく実らせるポイントです。 ちなみにギネス記録に登録された最も重いカボチャは、13年度に米国で収穫された921.7キロです。
カボチャを使った料理には煮物、プリン、サラダ、コロッケ、ポタージュなどがあります。 また、オススメは「蒸し浸し」です。 蒸すとうまみが逃げず、煮崩れもしません。
カボチャは16世紀、ポルトガル船によりカンボジアから日本に伝わりました。 主な種類は日本、西洋、ペポの3種類です。 指ではじいて音が鈍くなったら食べ頃です。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです