メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

ハッピーハロウィーン!の巻

なぜカボチャ? なぜ仮装? なぜお菓子!? 解説します

[PR]

ハロウィーン用にカボチャのくりぬき方をケビンが文太さんに教えていました。 そもそも「ハロウィーン」って何でしょう? 実は、日本のお盆のようなものなのです。 11月1日はキリスト教の「万聖節」(諸聖人の日)。その前夜(イブ)、10月31日がハロウィーンです。 「All Hallow's Eve」、これが「Halloween」になりました。 一方、古代ケルト人の暦では10月31日が1年の終わり。 霊魂の世界とこの世界が混ざり、先祖の霊や悪魔がさまよい歩く日だと信じられていたのです。
ハロウィーンの際に恐ろしい仮装をするのは、悪霊を驚かせて追い払うためだと言われています。 もう一つ、ハロウィーンにつきものがカボチャ。 「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれています。 悪魔をだました男・ジャックが死後、天国にも地獄にも行けずに暗い道をランタン片手に暗い道をさまよう。 アイルランドの伝説が基になっています。 お面だと思っている人も多いかもしれませんが、ちょうちんなのです。 このランタン、元々はカブで作られていたそうです。 しかし、移民先の北米ではちょうどカボチャの収穫期に当たるため、カボチャで作られるようになったそうです。 そして「Trick or Treat!」。 子供たちが仮装して、「お菓子をくれないといたずらするぞ」と近所の家を回ります。
「trreat」には「もてなす」「おごる」という意味もあります。 元はキリスト教の「万霊節」(死者の日)の11月2日、貧しい人が「魂のケーキ」を恵んでもらう代わりに、恵んだ人の先祖のために祈るという風習が英国にあったそうです。 いろいろな伝統が結びついて、今のハロウィーンの形になりました。 現代、米国で定番のハロウィーンのお菓子と言えば、「キャンディーコーン」。 砂糖や蜂蜜、コーンシロップでできています。 ハロウィーン・カラーなんですね。 「キャンディ・アップル」(りんごあめ)も定番の人気菓子。 こちらは日本でもおなじみですね。 でも、どうして日本で、これほどハロウィーンが行われるようになったのでしょうか?
消費増大を狙った企業が仕掛けたからと言われています。 クリスマスやバレンタインと同様、西洋が起源のオシャレなイベントとして定着したようです。 ハロウィーンを祝う国は米国、英国、アイルランド、カナダ、オーストラリアなど。 移民の送り出し国、受け入れ国が主です。 ただし、これらの国でもキリスト教の宗派によっては、ハロウィーンを禁止するところもあります。 そもそもケルト人の風習で、キリスト教とは本来、あまり関係がないからです。 日本では、集まってワイワイ楽しめればいい感じですね。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです