メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外警官刺され拳銃奪われる 大阪・吹田
赤瀬川原平さん死去

赤瀬川さんの文体1

 今年の春、転勤で東京に戻った私が会いに行くと、赤瀬川原平さんは寝たきりになっていた。普通ならそれきりなのに、どう情熱が働いたのか、以後、亡くなるまで50回もご自宅に通った。寝たきりでも、赤瀬川さんは赤瀬川さん。何か独特の温かさを発信していたからだ。「見舞い熱」に浮かされる中で、その魅力を知りたいと思った私は、鬼才が発してきた多くのジャンルの中でも最も好きな、彼の文章を考えたいと思った。以下は、東京ヘレンケラー協会発行「点字ジャーナル」の連載コラム「自分が変わること」の2014年6〜9月号に掲載した「赤瀬川さんの文体」(未完)の転載です。【藤原章生】

 作家の赤瀬川原平さん(77)の文体がここ数年ちょっと変わった。彼の持ち味は、誰もが見過ごしているよ…

この記事は有料記事です。

残り2148文字(全文2476文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  4. 猫連れ去り 盗まれた飼い主「大切な家族失った」 憤り隠せず
  5. 全国高校女子硬式野球選手権 神戸弘陵、初戦は室戸 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです