メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月組「PUCK」新人公演の初主演を終えてほっとした表情を見せる朝美絢(右)とヒロイン役の海乃美月=兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で2014年10月21日、田中博子撮影

舞台中央、輝く日を夢見て

 宝塚歌劇では、普段スポットライトを浴びることのない若手も、舞台の中央で輝ける日がある。約1カ月の公演中に1回きり、入団7年目までの劇団員だけで上演する新人公演(新公)だ。トップスターへの登竜門でもあり、チケットが入手困難な人気公演になっている。

 21日に宝塚大劇場であった月組新公「PUCK(パック)」の終演後、初主演だった男役の朝美絢(じゅん)(2009年入団)は満員の客席を見渡し、涙で声を詰まらせた。「こうしてこの場に立てるのが夢のようです」。ローラースケートがうまく履けないトラブルが起きても、アドリブで笑いに変える度胸も見せた。「お客様は神様だなと思いました」。少年のようにはつらつとやんちゃな妖精役は、まだ若い朝美にぴったり。客席は大きな拍手に包まれた。

この記事は有料記事です。

残り1174文字(全文1520文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです