メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月組「PUCK」新人公演の初主演を終えてほっとした表情を見せる朝美絢(右)とヒロイン役の海乃美月=兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で2014年10月21日、田中博子撮影

舞台中央、輝く日を夢見て

 宝塚歌劇では、普段スポットライトを浴びることのない若手も、舞台の中央で輝ける日がある。約1カ月の公演中に1回きり、入団7年目までの劇団員だけで上演する新人公演(新公)だ。トップスターへの登竜門でもあり、チケットが入手困難な人気公演になっている。

 21日に宝塚大劇場であった月組新公「PUCK(パック)」の終演後、初主演だった男役の朝美絢(じゅん)(2009年入団)は満員の客席を見渡し、涙で声を詰まらせた。「こうしてこの場に立てるのが夢のようです」。ローラースケートがうまく履けないトラブルが起きても、アドリブで笑いに変える度胸も見せた。「お客様は神様だなと思いました」。少年のようにはつらつとやんちゃな妖精役は、まだ若い朝美にぴったり。客席は大きな拍手に包まれた。

この記事は有料記事です。

残り1174文字(全文1520文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で大流行 患者数の約7割が6府県と三重
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  4. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も
  5. 「AKB48」の握手会 はしか感染の男性参加 6日、大阪で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです