メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「オーバーオール」と「サロペット」の違い

上着に胸当てとつりひもが付いたつなぎ服 何がどう違う?

[PR]

「オーバーオール」と「サロペット」の違い ギョロ星人「よりキュートになったギョロ」
ギョロ星人が「サロペット」を着ています。
ケビンは「オーバーオール」と呼びました。 ギョロ星人は「サロペット」にこだわっています。 この二つ、どこがどう違うのでしょうか?
「オーバーオール」と「サロペット」。 この二つは基本的には「同じもの」。 上下がつながっている「つなぎ」服で、上着の部分に胸当てとつりひもがついています。 元々は農作業などで汚れる時に着る作業着でした。 違いは「オーバーオール」が英語、「サロペット」が仏語ということだけ。
日本のお店では「オーバーオール」と「サロペット」、どちらも売られています。 それらを見渡してみると、傾向はありそうです。 「オーバーオール」はデニム地のものが多く、男性向けと女性向けの両方があります。 一方の「サロペット」はデニム地以外にもいろいろな生地を使用していて、女性向けが多いようです。 スタイルもさまざまで、胸当てのないものもあります。 これらの他にも、「オールインワン」、「コンビネーション」、「コンビネゾン」、「ロンパース」といった言葉も「つなぎ」服を意味するものです。
ママン……。
ギョロ星人はまだ「サロペット」にこだわっています。 ケビンによると、ギョロの場合は、「ロンパース」っぽいとか。 「ロンパース」は元々、赤ちゃん用のつなぎを指す言葉。ギョロ星人は幼児体形ですからね。
「オーバーオール」は英語でつなぎ服のこと。デニム地が多い。 「サロペット」は仏語でつなぎ服のこと。素材、スタイルは多様。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです