メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

値上げラッシュ!の巻

急激な円安に産地の干ばつ 給料アップは追いつかず…

[PR]

最近、食品の値上げが続いています。 コーヒー豆や即席麺は、原料価格が上昇しているため。 外食産業でも、10月から「餃子の王将」は5~86円、「スターバックス」は牛乳を使った製品を10円値上げしました。
さらに政府は酒税を見直す方針です。 ビールの税率は下がりますが、発泡酒と第三のビールは増税する見通しです。 消費税率が8%になってから半年が経ちますが、景気はどうなったのでしょうか? 実は、2014年4~6月期のGDPはリーマンショック後以来、最大の下げ幅となっています。
一方で、企業は「それほど物価は上がらない」と考えているようです。 ただし、大企業の物価見通しが低いと値上げに踏み切りにくくなり、円安などでコストが増えた中小企業の経営を圧迫しかねません。 また厚生労働省によると、実質賃金は8月まで14カ月連続のマイナスで、物価上昇に追いついていません。
このような状況で15年10月に消費税を10%に上げられるのでしょうか? 安倍首相は12月までに結論を出すと主張していますが、軽減税率の導入もまとまっていません。 実質賃金の落ち込みを考慮して、自民党内でも慎重論が出ている模様です。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. クローズアップ 自殺者、11年ぶり増加 思い詰める前に相談を コロナ禍、女性と若者顕著

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです